WINNER カン・スンユン、ニューアルバムのソロ予告映像を公開“映画のような強烈さ”

WINNERのカン・スンユンが、ソロ予告映像で夢幻的な雰囲気が漂う反抗児になり、注目を浴びた。

f:id:ameiku2015:20160201031617p:plain

写真=YG ENTERTAINMENT



30日、YG ENTERTAINMENTは公式ブログに、カン・スンユンの予告映像を掲載した。公開された予告映像はまるで映画のようなビジュアルで、強烈な印象を残している。

予告映像の中でカン・スンユンは、自動車の上に乗って歩いたり、ギターを叩きつけるなど、荒々しい行動でさまよう青春を表現した。夢幻的な印象の映像でカン・スンユンは、レオパード柄のシャツやブラックのレザージャケットを着て、シックかつ強烈な演技で視線を惹きつける。

WINNERはカムバックを控えて、メンバー別の個性と魅力がたっぷり盛り込まれたソロ予告映像を公開し、ファンたちの視線を奪った。強烈なキスシーンが印象深いソン・ミンホ、金髪のナム・テヒョンの予告映像が公開された。続いて30日、孤独な美少年のイメージを盛り込んだキム・ジヌとロックスターのようなビジュアルで、新鮮な魅力を披露したイ・スンフン、荒々しい反抗児の感じが漂うカン・スンユンの予告映像が相次いで公開され、WINNERのカムバックへの期待が一層高まっている。

WINNERはソロの予告映像の公開だけでなく、ヤン・ヒョンソク代表が自ら企画したリレーカバープロジェクトで、これまでなかった最高レベルの事前プロモーションを行った。イ・ハイ、BIGBANGのSOLはもちろん、YG所属ではないZion.TやDEANが「BABY BABY」を、楽童ミュージシャンとKaty Kim(ケイティ・キム)、BIGBANGのG-DRAGON、EPIK HIGHが「SENTIMENTAL」をカバーして熱い関心を集めた。

WINNERは2月1日0時に、ダブルタイトル曲「BABY BABY」と「SENTIMENTAL」、ナム・テヒョンのソロ曲「I'M YOUNG」が収録されているミニアルバム「EXIT:E」を発表する。さらにWINNERはミニアルバムの公開を1時間後に控えた31日夜11時、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」のカウントダウンライブ「EXIT AWARDS」でファンと交流する予定だ。

 

 

 

カン・スンユン

(漢字表記:姜承潤/ハングル:강승윤)

 

★WINNERのリーダー・ボーカル

 

誕生日:1994年1月21日生まれ

身長:178cm 体重:59kg

血液型:B型

出身地:釜山

家族構成:母

 

デビュー曲 『니가 천국이다 (마이더스 OST)』

-『君が天国だ(2011年SBSドラマ マイダスOST)』

 

 

※正式なデビュー曲は2013年7月16日デジタルシングル『비가온다』だそうです

 

韓国のオーディション番組『スーパースターK 2』でTOP4まで上がって、大きな関心を集めたカン・スンユン、本戦舞台の時に、歌手であり『スーパースターK 2』の審査委員だったユン・ジョンシンの「本能的に」を自分の曲のように歌いこなし、多くの注目を集めた。歌の内容に合わせて傲慢コンセプトで歌を歌ったがカン・スンユンにあまりにもピッタリだった。実際の性格は内向的なので、そんな面を隠すために過度に強そうに行動する面があるという彼。たとえTOP4から脱落の苦杯をなめたが『スーパースターK 2』出身メンバーら中では一番最初に愛情いっぱいなニックネームをつけられたりもした。高い人気を日々実感しているというカン・スンユン、日増しに実力と人気をより一層期待してみる。

 

広告を非表示にする