SMAP楽曲 ゲスの極み乙女。を採用したのは元マネジャー

SMAP解散報道で一気に注目の的となったのが、元チーフマネージャーのI氏(58才)だ。彼女は、ジャニーズ事務所のなかでさまざまな新機軸を打ち出し、SMAPを国民的アイドルにまで成長させた。その功績は、SMAPの楽曲の秀逸さにも現れている。

SMAPの楽曲は他のジャニーズとは全く違います。Iさんがその時々で波に乗っているアーティストに作詞作曲を依頼するからです。『セロリ』は山崎まさよしの作詞作曲、『夜空ノムコウ』はスガシカオ。『らいおんハート』は脚本家の野島伸司が初めて作詞した曲です。それまでのアイドルの楽曲のイメージを覆すような斬新な試みを続けてきました」(音楽関係者)

 最新曲の『愛が止まるまでは』は「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音が作詞作曲を担当。これもI氏の提案だったという。

 木村拓哉(43才)はラジオ番組で「“あっ、これいいわ”と思った瞬間、確実にそれをゲットするみたいな人」だとI氏を評している。

「彼女はとにかく常識にとらわれない。薄毛に効果があるといわれるシャンプー『スカルプD』のCMに、アイドルの中居正広(43才)と草なぎ剛(41才)を自ら売り込んだ時は業界が驚いた。彼女はマネジャーではなく、プロデューサー的な存在なんです」(大手広告代理店関係者)

 体を張ってメンバーを守ってきたことも強固な信頼につながった。

 2001年夏に稲垣吾郎(42才)が道交法違反と公務執行妨害で逮捕され2009年には草なぎ剛が公然わいせつ罪で逮捕された。クビにすべきという声も上がった。

「Iさんのお詫び行脚はすごかった。復帰会見で会場の隅でIさんが涙を流していたことが印象に残っています」(芸能関係者)

 仕事ができて、独身を貫いていたI氏だが、男勝りで女傑というキャラクターではない。メンバーがラジオで「Iさんは仕事でニューヨークに行ったのに、ぼくらを放ったらかして買い物三昧だった」と明かしていたが、

「Iさんはさりげなく人気ブランドの新作を身につけているハイセンスな人。ものすごい華奢なのに仕事はとにかくパワフル」(I氏の知人)

 SMAPの躍進とともに、I氏も影響力を増していく。メンバーのキャスティングの決定権を持つI氏の誕生日には、テレビ局や広告代理店担当者がプレゼントを持って行列を作る“I氏詣で”が名物になった。

「事務所の中でも、Iさんが担当するグループには誰も口を出せず、“聖域”になってきていた。SMAPも特別扱い。大晦日のカウントダウンライブにも出なくていいし、自由裁量が多くなりすぎていた」(前出・芸能関係者)

 そうして、彼女のことをいつしか“女帝”と呼ぶようになった芸能関係者も少なくないという。

「彼女はいつも斬新なアイディアや企画を求めていて、そうした提案がないとSMAPの仕事はさせてもらえないという緊張感から、彼女に対し“怖い人”“厳しい人”というイメージを持つ人も多かった」(キー局女性スタッフ)

※女性セブン2016年2月4日号

 

そのマネージャーについて

どんな人なのか??

SMAP育ての親の女性チーフマネージャーが独立!?

SMAPが国民的グループとなったのは女性チーフマネージャーの功績が大きかった。

バラエティー番組への積極的進出、俳優業を軸とした活動、司会業など、どれもが斬新な手法だった。

しかし一方で、事務所内の他のグループとは距離を置いて独自路線を走ったチーフマネージャーは微妙な立場にあった。

このチーフマネージャーはジャニーズ事務所の関連会社「ジェイ・ドリーム」の役員を辞任、近く(2月にも)ジャニーズ事務所も退社する意思を固めている。

育ての親であるチーフマネージャーが退社するという動きに合わせ、中居ら4人はチーフマネージャーに追随して独立することを決意した模様。

朝日放送おはようコールABC」より。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

色々な噂が立っています。

本人を含め業界の人たちもこの騒動も震えているはず。

今後、SMAP自身の活躍を期待します。

 

関連記事

ベッキー不倫騒動のLINE流出の方法が判明 / クローンiPhoneでリアルタイムに監視 -

事務所損害5億円超?ベッキーにCM各社から抗議“イメージ台無し” - 

 

 

 

広告を非表示にする