日曜喫茶室のはかま満緒さん、心不全で死去 78歳

NHK・FMのトーク番組「日曜喫茶室」のパーソナリティーで知られる放送作家のはかま満緒(はかま・みつお、本名袴充夫=はかま・みつお)さんが16日、心不全のため東京都内で死去した。78歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。

f:id:ameiku2015:20160217022551p:plain


 同日昼ごろ、東京・大田区の自宅で倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが、午後3時55分、死亡が確認された。

 慶大在学中からコントの台本を書き始め、同大学を中退して民放局に入社。その後、退社し、59年からフリーの放送作家として、日本テレビ系「シャボン玉ホリデー」などで活躍した。また、ニッポン放送「ミュージック天国」でDJを務めて若者の支持を集めた。「日曜喫茶室」では77年の放送開始以来40年近くパーソナリティーを務め、親しまれた。

 放送文化基金賞を受賞。著書に「人生うまくいく人のちょっとした気づかい」「人生万能薬」など。

 

人物・来歴

 

1937年(昭和12年)東京生まれ。1957年(昭和32年)慶應義塾大学を中退後、ラジオ東京(現・東京放送ホールディングス/TBSラジオTBSテレビ)に入社。1959年(昭和34年)に同社を退社し、フリーの放送作家となる。林家三平のギャグの台本を数多く手がけたことで、放送作家として大成。

1961年昭和36年)開始の日本テレビシャボン玉ホリデー』をはじめ、テレビ・ラジオの多くのコメディ・バラエティ番組の作・構成を担当するようになった。特に、10年間続いた『シャボン玉ホリデー』の後半5年間を担当し、人手不足の時には自らコントに参加するなど、「番組に顔を出す放送作家」の先駆けの一人でもあった。

自宅に「はかまお笑い塾」を作り、萩本欽一車だん吉、脚本家の市川森一ら多くの芸人、脚本家を世に送り出した。

1972年(昭和47年)に芸術祭大衆芸能部門文部大臣賞、芸術祭賞を受賞。2001年(平成13年)に放送文化基金賞を受賞。

広告を非表示にする