キスマイ藤ヶ谷太輔&窪田正孝ドラマ『MARS』映画化 壮大な物語の結末はスクリーンへ

MARS あらすじは?

それではまずは「MARS」のあらすじを見ていきましょう!

まだドラマの情報は何も出ていないので、原作を元にあらすじをご紹介します。

本作の主人公・樫野零(かしの れい)。

ちょっぴり不良な高校生。
特定の彼女は作らず、女の子をとっかえひっかえ遊んでいる。

人懐っこい性格からか学校一のモテ男な零。
男子からも女子からも注目のマトだった。

そんな零には、バイクレーサーというもう一つの顔があった。
14歳の時に鈴鹿の4耐で優勝するほどの腕前。

彼のライディングは超攻撃的。
まるでゲームのような感覚でスピードを出し、死ぬことを恐れない。

死んでも平気。死んだって誰も泣かないもん

と無邪気に話す零。
人生をどこか刹那的に生きる原因が彼にはあった。

ある日、レースで事故を起こした先輩のお見舞いへと向かう零。

病院の場所がわからなくなり、公園のベンチで絵を描く少女に道を聞くことに。

その少女は何も言葉を発せず、病院への道順を書いた紙を渡して走り去ってしまう。

不思議に思った零だったが、

受け取った紙の裏に描かれていた絵に心を奪われるのだった。

それから数日後。
新学期の始まりの日。

零が新しいクラスに入るとそこには、道を教えてくれた少女の姿が。

彼女の名前は、麻生キラ
美術部に所属する零と同じ高校2年生。

キラは零とは正反対の性格。
内向的で基本的に誰とも話すことはない。

そして極度の男性恐怖症。

感情を表に出せなくなった暗い過去が彼女にはあったのだ。

そんなキラも零の不思議な魅力に引き込まれ、零と触れ合うことで変わっていく。

それは零も同様だった。

戦いの神マルス(MARS)が引き寄せた運命の出会い

辛い過去と幾多の試練を乗り越え、愛を確かめる2人。

若い2人を待ち受けるのは、ハッピーエンドな結末か?

それとも。。。

MARS ドラマキャストは?

それでは、ドラマ「MARS」を盛り上げるキャストを見ていきましょう!

ただし、10/12現在では制作サイドからの正確な情報は出ていないので、ネット上の情報をもとに書いていきますね。

樫野零・・・藤ヶ谷太輔

本作の主人公・樫野零(かしの れい)。

非常に外交的で人懐っこい性格だが、
時折、凶暴な一面を見せることも。

辛い過去が原因で人生を刹那的に生きている。

母は既に他界。
父親はいるが仲は上手くいっておらず、一人暮らしをしている。

演じるのは、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔さん。

藤ヶ谷さんの連ドラ主演は同じく日本テレビで放送されたドラマ「仮面ティーチャー」以来、約2年半ぶり。

ファンにとっては待ちに待った久しぶりの主演。

しかも恋愛ドラマだけに期待は高まりますね!

このドラマの原作は少女漫画の恋愛モノですが、甘酸っぱい恋模様を描いた類のものではなく、内容としては重く少しドロドロしたもの。

もちろん主人公とヒロインの大人なシーンもあります。

今回のドラマで
藤ヶ谷さんとヒロインを演じるキャストの大人なシーンはあるのか!?

その辺にも注目ですね!

 

テレビドラマの第4話では、牧生が零にキスシーンさながらの人工呼吸をする衝撃シーンが描かれた。そして2月21日放送予定の第5話では、牧生の秘めた想いが明らかになる。
ここで物語の第二章が幕を上げる。牧生と零、さらに誰にも心を開かず孤独に生きてきたヒロイン・キラを交えた3人のクライマックスへ向けて、いよいよ本格的に走り始める。

今回発表された映画では、牧生の歪んだ愛情が、零とキラ、そして牧生自身の運命をも狂わせる最終章を描く。脚本は『DEATH NOTE デスノート』シリーズの大石哲也、監督には『百瀬、こっちを向いて。』の耶雲哉治を起用。テレビドラマでは味わえないスケールのラブストーリーに期待したい。
また、主題歌はKis-My-Ft2が歌う「Gravity」に決定。本楽曲は疾走感溢れるナンバーで、スピーディに展開するの物語を一層盛り上げてくれるだろう。
映画『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』は、6月18日(土)より全国ロードショーだ。

『MARS(マース)~ただ、君を愛してる~』
(C)劇場版「MARS~ただ、君を愛してる~」製作委員会 (C)惣領冬実講談社

広告を非表示にする