かっとばせ!キヨハラくん は清原逮捕を予言していた!?

タイトル通り、主役は清原和博をモデルとしたキャラクター、キヨハラカズヒロ
彼をはじめとし、様々なプロ野球選手・関係者(をモデルにしたキャラ)が繰り広げるギャグ漫画。
ギャグと共に、少しマニアックなプロ野球知識も多かった。

コロコロアニキにおいて続編の連載がされているが、肝心のモデルが2016年2月2日に逮捕されてしまった為、2016年3月15日発売予定の第5号ではこの作品がどうなってしまうのかでネット上で騒然となっていた。そして公式で休載処置がとられ、第5号には河合じゅんじの書き下ろし作品が掲載される事を発表している。


主な登場人物

西部ライアンズ

キヨハラカズヒロ
一応主人公だが、クワタを始めとする様々な個性的な脇役の存在で空気と化すことがある。
実際の清原選手は出っ歯ではないが、作中では出っ歯があるのが特徴。頭を殴られると出っ歯が
伸びるなど、度々出っ歯を使ったギャグを披露。当初は三冠王候補と言われていたが、
毎年のように「不調」「成績が悪い」と言われ続け、いつまでも無冠の帝王のために作中でも
タイトル争いの話が多い。ただし、実際の清原はタイトルよりもチームの勝利を求めていたと
言われている。中盤からは併設された「がんばれ!クワタくん」のコーナーもあり、「主役なのに」と嘆くことも。モデルは清原和博

モリ監督
西部ライアンズの監督。現実とは違い非常に短気で非常に厳しい性格である。それゆえ、
選手からの不満も多く、よくメガネデブと陰口を叩かれている。しかしその一方で
やることが意外と茶目っ気をみせる一面があったり、たまに采配で突拍子もない
ボケをかますこともある。
(普段は緻密な采配をとるが)。敵が多く、特にカイアンツの監督とは歴代全員と仲がほとんど悪い。
スーパーマリオくん』(ワリオの森編)で友情出演したことがある。
モデルは森祇晶

クドー
西部の左のエースだが、モリ監督からは「左は二流だらけ」と厳しい評価をされている。
キヨハラと仲良いが(「ゴーゴー!ゴジラッ!マツイくん」ではカイアンツのチームメイトに
なった時はなぜか仲が悪くなっている)、ワタナベヒサノブとはライバル関係であり、
開幕投手を賭けて毎年けんかしているが、キヨハラを加えた3人で行動を共にすることも
よくあるため仲がが良いのか悪いのかわからない関係。明るくキヨハラほどではないが、
目立ちたがり屋で他の投手の出番を奪うことが多く、
またチーム内ではキヨハラとの大ボケが一番多いキャラクター。
カエルやアヒルに例えられることが多く、クドー本人も「ゲロゲーロ」と鳴くことがある。
キヨハラ、クワタを除けば、その後のマツイくんでも西部を経た直後に次の巻ではハークスに登場するなどトップクラスに出番が多い。モデルは工藤公康

イシゲ
内野手でチームリーダー。モリ監督が唯一真面目に話の出来る相手だが、結局はボケで頼れない。
鼻の穴が大きく、鼻息が荒い。それゆえ鼻の穴を使った超人技を使うことが多い。、
モデルは石毛宏典

アキヤマ
外野手。キヨハラとのAK砲を組む。俊足、長打とホームインでのバック転が売り。
普段は温厚だが、年俸がからんだ場合は人格が変わる。嬉しさが高まるとチューしたくなる癖が
ある。割とモブ的な扱いが多い。しかし時々キヨハラと同様に大ボケをかますところがある。
モデルは秋山幸二

ワタナベヒサノブ
西部の右のエース。クドーのライバルだが、クドーよりモリ監督に信頼されている。
鍋を使ったネタをたまに使う。キヨハラ、クドーの3人でよく行動を共にしており、
モリ監督に「新人類トリオ」と勝手に名付けられている。ワタナベトミオが登場したからか、
ヒサノブと呼ばれることも少なくない。
モデルは渡辺久信

東京カイアンツ

クワタマスミ
陰の主人公。東京カイアンツの投手。LP学園出身。嫌がらせ・いたずらが趣味で「悪魔」
「悪の権化」などと呼ばれている。得意なボールはデッドボールだが、本気を出せば
神がかり的なピッチングを見せるため、本当はコントロールはいい。暗い、卑屈な性格。
藁人形を常備し、成績がいい選手に藁人形による呪いをかけたり、脅迫状を書いたりするため、
「クワタと友達になるくらいなら死んだほうがマシ」と言われるほど周囲から軽蔑されている。
逆に、善意を行うこともあるが本人曰く「人のために何かすると裏目に出る」性格のため、
散々な結果になることが多い。そのたびに「かわいそーなボク・・・。」と嘆いていたが、
1990年以降は実際の桑田選手が金銭問題に巻き込まれた影響からか
悪魔男から悪徳商人にキャラが変わっていった。
同じLPの同期のキヨハラとは親友っぽいが、キヨハラをからかいに、西部が行く先々に必ず現れ、
ほぼ全話に登場する。『がんばれ!クワタくん』(のち『やったぜ!クワタくん』)の主人公として
登場することもある。(ちなみに、「かっとばせ!キヨハラくん」で読める)
小学生時代は顔も性格も丸かったが、偶然リトルリーグの試合でクワタが連れてきたキヨハラと
対戦し、バットや打球を顔面に当てられたことで性格が変わり、嫌がらせの楽しさに目覚めて
しまったことがある。正式に出会ったのは初期の高校時代モデルは桑田真澄

オー監督
カイアンツの監督。現役時代はホームランの世界記録を作るほどの名選手だったが、監督としては
無能と言われている。暗い性格だがお調子者。基本的にツッコミ担当だが、大ボケも多い。
しかし何かと損な役回りも多く、オー自身もクワタのイヤガラセの最大級の被害者でもある。
在任時はクワタと共に西部にイヤガラセをしていたが殆どが失敗か自分の首を絞める羽目に遭う。
退団時に主役の話も書かれたが、辞任後もポッチャリしていたがクワタのイタズラで元の体系に戻るなど度々出ている。よくタコと例えられることが多い。
モデルは王貞治

フジタ監督
オー監督引退後、1989年に就任した監督。オー監督同様、クワタのイヤガラセ・いたずらに
手を焼くが、命令に背く場合は容赦なくクワタを干したりするなど実はオー以上に扱いが上手い。
初登場時は「球界の紳士」と言われたが、本性は「球界一の瞬間湯沸かし器」で、時には
ホシノ監督にすら殴りかかる。1992年勇退。モデルは藤田元司

ナガシマシゲオ監督
当初は評論家。1993年就任。派手好き・目立ちたがり・自己中心的な性格。「動物的カン」から
とんでもないことを思いつく。息子のカズシゲを溺愛し、息子の行く先々に必ず現れている。
オーとはコンビ出演が多い。基本的にボケだが、ツッコミもこなす。しかし、怒る時は怒り、
キヨハラなどをどつく。後のマツイくんでも表情は常にニコニコしているがキヨハラくん時代ではそれ以外の表情が多かった。「ん〜」、「いわゆるひとつの」など、彼独特のナガシマ語を使う。
モデルは長嶋茂雄

エガワ
耳のでかいカイアンツの元エース。常にマイペース。「コーフンしないで下さい」が口癖。当初は復帰も考えたが、キヨハラのライナーで肩を直撃し1987年で現役引退。
引退後は解説者に就任した。妻はスチュワーデスなのだが、大の飛行機嫌い。
モデルは江川卓

ナカハタ
カイアンツの内野手でチームリーダー。明るい、陽気な性格。決まり台詞は「ゼッコーチョー!」。
カイアンツの選手でクワタとハラの次に出演が多く、目も小さかったがツリ目の表情が多くなった。引退時には主役のストーリーも描かれた。
当初はブレーキの壊れた車を運転するなど非常識なキャラだったが、後々常識的なキャラになった。1989年現役引退後は解説者に就任。
1993年打撃コーチとしてカイアンツに復帰。ナガシマ語の通訳が一応出来る。モデルは中畑清

ハラ
涙もろい性格のカイアンツの4番打者。内野手(その後外野にコンバート)。陰が薄く、
頼りないキャラで寝ながらネコのノミ取りをしていたなど哀愁を漂わせている。当初はクワタのイヤガラセの被害者だったが、
クワタのイヤガラセに加担し始め、段々クワタの悪友になっていった。モデルは原辰徳

コマダ
馬面なカイアンツの内野手。当初は常識人で「ウマダ」、「ウマダちゃん」と馬扱いされるのを嫌がっていたが、いつの間にか馬人間となり、効果音も馬みたいになっていった。
本物の馬と人参早食いで圧倒的な勝利を収めたこともあった。
後期からはボケの面が目立つようになった。1994年にFAで横浜に移籍。

予言ともいえる内容

そしてこの漫画を語る上で欠かせないのが、描かれたことが現実世界でもその通りになるということである。それも一つや二つではない。その一部を以下に紹介する。

近鉄バファローズオリックスブルーウェーブの統合

最も有名なもの。1990年に近鉄オリックスが手を組んで「オリッ鉄バッハローブス」として西武に挑むという話しがあるが、これの14年後に本当に両チームは合併し、「オリックス・バファローズ」となった。

清原和博の巨人移籍

連載2話目からキヨハラが巨人に助っ人として加わる話しが何回かあるが、現実の清原も1997年にFAで巨人に移籍した。

東尾修の監督就任

1988年に引退したヒガシオが「森監督が引退したら次の監督は俺だ」といいチームメイトは「ハイ!ヒガシオ監督!」と言ってモリ監督を置いてけぼりにするシーンあるが、1994年に森祇晶が引退すると、その翌年に本当に西武監督として就任した。

清原和博と注射

連載前期において同作は「ひょうきんガッツポーズ」と呼ばれるダジャレを基にしたパフォーマンスを読者から公募していたことがあった(例:鯉をバット代わりに構えて「さあコイ!」)。その中で採用されたネタの中にキヨハラが看護師姿で注射器を構え「うつぞーっ!」と気合を入れているものがあるが(単行本5巻に所収されている)、現実の清原も2016年に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、逮捕されたその時にも注射器を手に持っていたという。

なお、次作「ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん」でも予言とも思えるものがいくつかあった。(1996年のオールスター時にパリーグ監督の仰木彰に監督と言われた落合博満が、2004年に本当にドラゴンズの監督に就任する等。)

広告を非表示にする