日本アジア制覇!!AFC U-23選手権・決勝 韓国vs.日本

f:id:ameiku2015:20160131013835p:plain

サッカー男子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU23(23歳以下)アジア選手権最終日は30日、ドーハで決勝が行われ、日本は韓国に3―2で逆転勝ちし優勝した。

 

劇的な大逆転勝利でアジアの頂点に立った。30日のリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたAFCU-23選手権決勝戦の日韓戦で、U-23日本代表は後半2分までに0-2とされる厳しい展開になったが、同22分に途中出場のFW浅野拓磨のゴールで反撃の狼煙を上げると、直後にMF矢島慎也、さらに同38分にFW浅野が決勝ゴールを挙げた。日本のサッカー史上に残る大逆転劇で3-2と勝利し、見事に優勝した。

 共に準決勝を勝利して、リオ五輪本大会への出場権を勝ち取っていた。この決勝戦は、アジアチャンピオンの称号を懸けた意地とプライドのぶつかり合いになった。日本は攻撃陣で負傷欠場のFW鈴木武蔵ザルツブルクから帰還要請のあったMF南野拓実に代わり、FWオナイウ阿道とMF矢島がスタメン出場。また、最終ラインの中央にはDF岩波拓也が入った。

 前半6分、日本の右サイドから攻め込まれ、相手のミドルシュートをGK櫛引政敏が弾いたところを押し込まれたが、間一髪でオフサイドフラッグが上がって事なきを得た。両チームともに奪ってからの速い攻撃が目立ち、中盤のラインを突破してチャンスにつながりそうな形を作り合った。すでに出場権を獲得している同士ということもあってか、互いにリスクを背負って攻撃を仕掛け合うゲーム展開になった。

 そうした流れの中で迎えた同20分、日本は先制点を許してしまう。サイドチェンジで揺さぶられると、左サイドからのクロスを中央でFWチン・ソンウにヘディングでつながれ、最後はFWクォン・チャンフンのシュートが日本のDF岩波の足に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。日本は今大会で初めてリードを許す展開になった。

 残り時間も、双方ともにゴール前へ迫るスピード感あふれる攻撃を繰り出したが、日本はFWに入れた縦パスが収まらずにカウンターを受ける場面も目立った。スピードを上げて相手最終ラインを突破しにかかる局面ではパスがつながらない場面が多く、決定的なシュートを放つ形を作れずに0-1のまま前半を終えた。

手倉森誠監督は、後半のスタートからFWオナイウに代えて準決勝イラク戦で決勝弾のMF原川力を投入。3ボランチと1トップにシステムを変更した。しかし、立ち上がりの後半2分に追加点を許してしまう。日本の左サイドを突破されると、グラウンダーのボールが中央に入り、韓国FWチン・ソンウがトラップ。さらにファーサイドに相手が一人余る完全に崩された形から、振り向きざまのシュートを決められて0-2とされた。

 2点差とされた日本は同15分にMF大島僚太を下げてFW浅野をピッチへ。押され気味の前半を受けて中盤の枚数を増やしたが、リードを広げられて元のシステムに戻すという手倉森監督にとっては苦しい用兵になった。

 それでも、日本はその浅野が追撃のゴールを決める。同22分、MF矢島のスルーパスに抜け出すと、飛び出してくる相手GKと入れ替わるようにシュートを決め、今大会初ゴール。1-2と追い上げると、勢いに乗った日本はその1分後に同点ゴールを決める。左サイドから山中亮が入れたクロスに対し、ニアサイドに相手DFを引きつけて走り込んだ浅野の裏に入り込んだMF矢島がヘディングシュートを決め、あっという間に2-2とゲームを振り出しに戻した。

 日本の最後の交代カードは同30分。1ゴール1アシストのMF矢島に代え、準々決勝イラン戦で決勝ゴールを挙げたMF豊川雄太を投入した。

 勢いに乗った日本は、一気に試合をひっくり返した。同36分、カウンターの場面でMF中島翔哉のパスに反応したFW浅野がうまく相手DFをブロックして反転。そのまま一気に抜け出し、GKとの1対1を制してゴール。3-2とリードを奪った。

 試合を通して危ない場面を作られる場面こそ多かったが、ついに訪れたリードに日本の最終ラインも奮闘。残り時間を耐えてリードを守りきり、3-2で勝利。これまでアジアの舞台で勝てず、はざまの世代と呼ばれたチームがアジアチャンピオンの座に輝いた。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

引用

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160131-00010003-soccermzw-socc&p=2

 

 

 

 

浅野 拓磨(あさの たくま、1994年11月10日 - )は、日本プロサッカー選手三重県三重郡出身。Jリーグサンフレッチェ広島所属。ポジションはフォワード三重県立四日市中央工業高等学校卒。

 

矢島 慎也(やじま しんや、1994年1月18日 - )は、埼玉県出身のサッカー選手。ポジションミッドフィールダーJ2ファジアーノ岡山所属。

広告を非表示にする