ナイナイ岡村 ベッキー不倫騒動に感想

タレントのベッキーさん(31)と人気4人組バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(えのん)さん(27)の「不倫交際」を裏付けたのは、またも無料通話アプリ「LINE」に残されたトーク(メッセージ)だった。

f:id:ameiku2015:20160108094255p:plain



 機能上、第三者がのぞけないトーク内容。しかし、これまで数多くのスキャンダル報道を生んできた。

■不倫疑惑の「決定的な証拠」

 今回、「決定的な証拠」とされたのはLINEでのやり取りだ。一報を伝えた2016年1月7日発売の「週刊文春」によると、本名の「レベッカ・英里・レイボーン」をもじったと思われるユーザー名「Eriyan」ことベッキーさんが、川谷さんにこう語りかける。

  「素敵なイブとクリスマスをありがとう。(ディズニー)シーに連れて行ってくれたり 色々ごちそうしてくれたり オシャレなプレゼントくれたり 幸せだった。一緒に居られるだけで、ただただ幸せだった」

 これに川谷さんは「幸せだった」と返している。2人は「エリちゃん」「けんちゃん」(編注:川谷さんの本名が健太)と呼び合い、行間から親密さを漂わせている。

 川谷さんには、インディーズ時代からバンドを支えてきた妻がいた。2人が急接近する一方、妻との仲は冷え込んでいったようで「大切にしたい人がいるって(妻に)言った」と離婚話を切り出した様子まで明かしている。

 そして離婚を「卒論」に例えながら、ベッキーさんに「ちゃんと卒論書くから待ってて欲しいな」と告白。ベッキーさんも「卒論提出できたら、けんちゃんにいっぱいワガママ聞いてもらおっとー!」と「待つ」旨を伝えている。

川谷とかなり近しい人物の可能性

 このように2人の関係を詳しく明かしたLINEトークだが、どのような経緯で他人の手に渡ったのか。

 誌面に掲載されたトーク画面のスクリーンショットを見ると、いずれも「Eriyan」のユーザー名しか表示されていない。自分のトーク画面には自分のユーザー名が表示されないため、情報は「川谷さん側」から提供されたものと見られる。

 また、相手のアイコンが四角かつ相手のユーザー名も表示されていることから、川谷さんが最新版でないアップデート前のアプリを使っていた可能性も考えられる(編注:現在アイコンは丸く、1対1のトークであれば相手のユーザー名は表示されない)。

 いずれにせよ、情報提供者は川谷さんとかなり近しい関係の人物だと推察できる。ただ、どうやってトーク内容を閲覧できたのか。仮に閲覧できたとしても、どうやってスクリーンショットを他の端末に送信できたのか。そうした謎は消えない。ちなみに、誌面では「(情報提供者は)川谷の将来を憂うある音楽関係者」とされている。

 複数ユーザーが参加する「グループチャット」という機能を除けば、原則1対1のコミュニケーションとなるLINE。しかし、これを「証拠」とするスキャンダル報道は増え続けている。

 14年には写真週刊誌「FRIDAY」が、元女子プロレスラーでタレントのジャガー横田さんの夫で医師の木下博勝さんの浮気疑惑を、15年には「文春」が武藤貴也衆院議員資金トラブル、未成年男性の「買春」を報じた

 

謝罪内容

7日に発売される『週刊文春』で人気ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル、川谷絵音(27)との交際が報じられたタレントのベッキー(31)が6日、都内で緊急会見を開いた。突発的な会見ながら、会場には多数の報道陣が駆けつけ、すし詰め状態に。定刻通り午後8時に姿を見せたベッキーは、多くのフラッシュを浴びながら深々と頭を下げ、ファン、関係者に向けて謝罪した。

 ゲスの極み乙女といえば、昨年末の『第66回NHK紅白歌合戦』に初出場したばかりの男女4人組バンド。同誌では、二人で過ごしたというクリスマスイブや、ベッキーが川谷の両親へ紹介された様子、川谷が妻帯者であること、実家マンションから出てきた2人の直撃取材の模様などが報じられている。

 会見ではまず、立ち会った所属事務所関係者が「この度は大変、ファンの皆さま、そして関係者にご心配、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません」と謝罪。続いてベッキーも口を開き、一連の報道を一部認めるも「友人関係であることは間違いありません」と交際については否定した。以下、ベッキーのコメント全文。

     ◇

 この度はお忙しいなか、お集まりいただき、大変、申し訳ございません。今回、発売される記事に関して多くの方々、テレビ、CM、ラジオの関係者の皆さま、そしてファンの皆さまに多大なるご迷惑とご心配をお掛けましたことを深くお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

 私は、アーティスト・川谷絵音さんの作る音楽のファンでありまして、ライブにも行かせていただき、打ち上げなどでお話もさせていただき、そんな中、川谷さんと連絡を取るようになりました。記事にありましたように、二人でお食事に行かせていただいたこともありました。そしてお正月に長崎のご実家にお邪魔したことも事実です。

 ただ、お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません。
 しかし私のとった行動はたくさんの方にご迷惑をおかけし、誤解を招くような大変、軽率な行為だったと深く反省しております。申し訳ありませんでした。

 川谷さんのご家族の皆さま、ファンの皆さま、関係者の皆さまに多大なるご迷惑をおかけしてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。そして、いつも私ベッキーを応援してくださっているファンの皆さま、関係者の皆さまにも多大なるご迷惑をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした。

 今回の私の軽率な行為を深く反省し、また皆さまの前で笑顔でお仕事させていただけるように、これからは一日、一日を大切にしていきたいと思っております。そしていつもお集まりいただいている報道陣関係者の皆さま、きょうは皆さまのご質問にお答えする形がとれず、私の思いを一方的にお伝えする形になってしまい、とても心苦しく、申し訳なく思っております。申し訳ありません。改めて、この度はお集まりいただき、ありがとうございました。そして申し訳ありませんでした。

     ◇

 4分半超に及ぶ会見で、入室から退室するまでに13回、頭を下げ、瞳をうるませながらも騒動について正面から向き合ったベッキー。会見中の質問がNGとあって、終了後、記者陣は事務所関係者を囲み、報道について追及。しかし同関係者は「現時点では、何もお話できることはありません」としていた。

www.youtube.com

 

ナイナイの岡村さんがベッキーに対して感想

 

 ナインティナイン岡村隆史(45)が7日深夜放送のニッポン放送ナインティナイン 岡村隆史オールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。ベッキー(31)の「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(えのん、27)との不倫騒動に言及した。

 「ベッキーってサイボーグみたいやったからね。仕事ずーっとしてて。大丈夫なんかなぁと思ってたけど、やっぱり女子やね。女子やなぁと思うわ」と感想。

 「しゃあない。そんな時期、あるんちゃう?うちの妹もバリバリ不倫してたし。うちの妹(がラジオを)聴いたら激怒しよるけど。岡村家も激震やったからな。それがバレた時には」と笑いを誘った。

 

まとめ

 

今まで好印象であったベッキーが。。。。。

なんだか、ちょっとショックな気持ちが大きいです。

しかし、女の子だから恋をしたいって気持ちもあるかもしれません。

不倫という関係でやってほしくなかったってのが一番の感想ですね。

これからの活躍を期待します。

 

関連記事

セカオワの深瀬と益若交際中の様子をTwitterにて公開 - 「まろやか」な日常

広告を非表示にする