人生に疲れたあなたに読んで欲しい

何をやってもうまくいかない。パートナーとの関係も悪い。いつも孤独を感じる。仕事も勉強も休日もつまらない。遊んでもつまらない。気付くとため息をついている。朝が来るのがしんどい。etc…

これらはすべて過去の私が抱えていた悩みです。もはや疲れてしまって何もかも終了したい気分になるんですよね。「終わらせてこの疲れた気分から開放されたい」そう思うことがあるんですよね。

私は過去長い期間、人生に疲れたって思っていたんです。でも、今は全く思わなくなりました。そこには成長がありました。思考を変え、自分にかける言葉を変えました。そして、結果として行動が変わり人生が変わったのです。

私が何を考え、どんな言葉を自分にかけ、どんな行動を取ってきたのか?すべて話します。

f:id:ameiku2015:20151210030010j:plain

 

 あなたより不幸な人を思い浮かべてください

自分より、追い込まれている人
自分より、深い悲しみを持った人
このような人のことを想像し、その人の気持ちを思ってみると…

自分のツラさは、徐々に薄らいでいきます。

実際、僕は学生の頃
東南アジアに行ってきました。
彼らの生活は1日1000円。
どんだけ貧しい生活をしているのかを見てきました。

また、

 

今日リストラされた人から見れば…

「仕事が上手くいかない」という悩みは、うらやましい話かもしれません。


さらに
難病の人から見れば…

多少の借金など、なんでもない事かもしれません。

 


それは、視野が狭くなっていることが原因です。

 

「自分より不幸な人」を想うことで…

視野が広がり、自分の置かれた現在地も見えてくる。

すると、心が楽になって、余裕も出てきます。

 

ツラいときに心が折れて、自分が潰れてしまっては、どうしようもありません。

「不幸のどん底にいる」と感じたときは、この質問を使って、少しでも元気を取り戻してください。

 

それでも、無理だという方もいると思います。

なんで、自分はこんな大変なんだ。
あいつはもっと楽なのに。。。。。

次に行きます。

 

尊敬する人なら、どうすると思いますか?

 

「尊敬する人があなたの立場なら、どう行動するのか?」というもの。
尊敬する人?
誰かいたっけ。。。。。。

尊敬する人は、誰でもかまいません。

坂本龍馬野口英世アインシュタインなどの偉人でもいいし、

両親・先輩・矢沢永吉・神様・アニメの中の人物なんでもかまいません。

 

尊敬する人の「いきざま」には…

人生のお手本や、テクニック、ノウハウが隠れています。

 

「もし、あの人ならどうするだろう?」と考えると…

「今あなたがすべきこと」を、その人が教えてくれます。

そして、勇気まで与えてくれる。

 

もしも、尊敬する人が相田みつをなら…

たまには涙をみせたっていいんだよ、人間だもの

と、励ましてくれるかもしれません。

 

もしも、
おバカ、タレントなら
明日はいいことあるさ~✩
と、元気づけてくれるかもしれません。

 

あなたの尊敬する人は…

現状を打開するための「テクニック・アイディア・心構え」などを、きっと教えてくれるはずです。


学生時代にスポーツ万能な子がいました。
ほんとになんでもできる。すごいと思っていました。
しかし、彼はイメトレを欠かさなかったそうです。
サッカーをするにも、プレイ動画を見たり
野球するにも、プレイ動画を見たり
なんでも真似することから始めていました。

彼が言った一言。
僕は凡人だ。君みたいにバスケットがうまくはない。
ちょっとしたコツを掴んでいるだけだよ。
君が10だとする。
僕は0だ。
その差をどうやって埋める?
下手な人は0
でも、コツをつかめば4くらいになる。
さらに練習すれば6、7、8にもなる。

ようは、テクニック・アイディア・心構えにより
自分を高めていたそうです。

 

 

 

 

1つ書くたびに一万円もらえるとしたら、あなたは「今の幸せ」を何個あげられますか?

 


「現状の幸せを、とにかくたくさん書いてください」

 

その内容は、どんな事でもかまいません。

・今日は早く起きれた
・昼ご飯が美味しいものだった
・好きな子に話しかけられた


なぜ、「幸せ」をたくさん挙げるのか?

それは、感謝するためです。

 

感謝を増やしていくと…

脳内に緊張をほぐすホルモン「セロトニン」がふえ、ストレスが軽減さます。

また、快感ホルモンの「ドーパミン」、鎮痛ホルモンの「エンドルフィン」も分泌されます。

 

心理学の研究でも…

感謝できることを書き出していると、幸福感が高くなり、意志が強くなり、エネルギッシュで楽天的になれることが分かっています。

 

人は嬉しいと感謝したくなりますが…

落ち込んだり、イライラしているときは、なかなか感謝できないものです。

 

しかし、落ち込んだときこそ「感謝」が大切!

日本人て感謝の気持ち忘れないですよね?
外国から、日本人がモテるのは
なんでもありがとうの気持ちを忘れないからです。


肝心なのは、現状の幸せに気づくこと。

「当たり前」を、「感謝」に変えていくことです。

 

心が折れそうなときには、やる気も落ちていると思いますが…

1つ書くたびに一万円!
という勢いで、感謝できることをドンドン挙げてみてください。

 

不思議と、心が落ち着いてくるはずです。

 

まとめ

 

幸せは、質問力で決まる!


3つの項目にしっかりと考えてくれましたか?

しっかり考えてくれていたなら、僕にはまっています。笑


質問に答えてくれてありがとう。

それには、大きな理由があります。

 

その理由は…

落ち込みやすい人は、「自分への質問」が苦手だから。

 

「自分への質問なんて、考えたこともない」かもしれませんが…

人生を幸せに生きている人は、「自分を幸せにする質問」がとても上手です。

 

たとえば、

「この試練から、何を得られるだろう?」

「なぜ神様は、この悲しみを与えたのだろう?」

と、自分にプラスになる質問をします。

 

逆に、落ち込みやすい人は…

「どうして、上手くいかないのだろう?」

というような曖昧な質問をして、マイナス面にフォーカスしてしまう。

 

すると、出てくる出てくる!

「能力がないから」「知識がないから」「経験が足りないから」「頭が悪いから」「顔が悪いから」…

 

このマイナス面の数に圧倒され、身動きが取れなくなり…

その結果、落ち込んでしまうのです。

 

「自分を勇気づける質問」や「プラス面にフォーカスする質問」を持つことで、あなたの人生を劇的に変えることができます。

 

ピンチは、チャンス!

 

壁にぶつかり、落ち込んだときは、とても苦しいものです。

 

しかし、ピンチのときこそ、自分を成長させる絶好のチャンス。

どんな困難であれ、必ず将来のプラスになります。

 

ソフトバンク孫正義さんは、「困難」をこのようにとらえています。

「うまくいかなくても、やったことは全部、将来の自分にプラスになる!」

 

人生のどん底では「覚悟」が試されます。

考え方を切り替えて、ピンチをチャンスに変えていきましょう。


広告を非表示にする